LIFEST®︎大學 雑誌掲載関連Q&A①│LIFEST遺伝子検査推進部│トピックス│LIFEST│二子玉川のフィットネス・ゴルフトレーニングジム

LIFEST®︎大學 雑誌掲載関連Q&A①

東京都世田谷区Yさんから

東京都世田谷区Yさんから

Q:LIFESTさんでは運動遺伝子だけ検査いただくことは可能でしょうか。

A:はい可能です。

LIFESTで取り扱う遺伝子検査は、医療機関を通して提供させていただいております。検査でわかる遺伝的傾向は、病気のかかりやすさから体質など数多くございますが、その中から運動遺伝子だけを提供することは可能です。

しかしながらLIFESTでは、運動遺伝子単体を調べられることをあまり推奨しておりません。
LIFEST運動遺伝子検査では、速筋量・血管収縮能力の2つを調べております。中には速筋量の多さだけを調べている検査企業もございますが、速筋量多いからいい、少ないからダメだというものではないと思います。結果からは、あくまでも言葉通りの能力しか見えて来ないので、例えばお子様が今やっているスポーツが体質的に向いているか否かを保護者の方が知っておきたいという場合には、有益かもしれません。

LIFESTで推奨する検査内容は、運動遺伝子を知ることで日常の運動で特性を活かすことが出来、筋力を維持する為の選択が可能になり、また肥満関連遺伝子を知ることにより体を作る源である栄養(食事)摂取の得意不得意が見えてきます。社会人の方ならストレス耐性・体内老化などストレス社会対策も必要でしょう。LIFESTでは17遺伝子を調べることにより、運動・肥満・アルコール・葉酸・虫歯・高血圧・アレルギー・関節症など12項目の一つとして運動遺伝子を調べることを推奨しています。

健康の三大要素として運動・栄養・休息が挙げられますが、どれか一つだけを切りとって調べるのではなく、生活改善の為であれば、特に上記のように多項目を調べることにより総合的に判断する必要があると考えています。