”遺伝子ダイエット成功例” LIFEST®︎大學コラム│LIFEST遺伝子検査推進部│トピックス│LIFEST│二子玉川のフィットネス・ゴルフトレーニングジム

”遺伝子ダイエット成功例” LIFEST®︎大學コラム

3ヶ月で10.5kg 体重減達成

3ヶ月で10.5kg 体重減達成

糖質制限ダイエットで2キロ増加の過去

【身長158cm、体重100.1kgからスタートした50代 女性 A子さん】

1ヶ月-3kgを目標に、遺伝子傾向から食事カウンセリング、遺伝子傾向を加味したトレーニングメニュー(Aさん担当:LIFEST吉屋作成)を実施しました。

本来ご提案したい運動回数は2回/週でしたが、”週1回なら頑張れる”とのことで、月4回プラン(現在は4回プランの設定はありません)でご入会いただきスタートしました。

遺伝子検査など科学的視点を取り入れることが、謂わば”LIFEST流”ではありますが、ダイエットには、科学だけでは補えない”精神・心”という目に見えない部分にも配慮が大切になります。

一度は決断してダイエットを始めるものの、失敗を繰り返した過去があり、精神的にも様々な影響を受けていたよう感じました。

特に前回の経験は…
これ以上「痩せろ」と家族に言われることも辛いし、内緒で減量することを決意し、多額の費用を投じて”有名ダイエットジム”に入会したものの、4ヶ月で減るどころか2kg増加してしまった。それをかかりつけ医に話しても、半笑いで「全て痩せれば解決できる」と言われ続けていたと聞きます。「痩せなさい」でも痩せさせ方は知らないけど…毎度その繰り返し。精神的にも窮屈になるのでしょう。「私にあった痩せる方法はない」と諦めていたと聞きました。

そういう意味では、今回メニュー作成を行うにあたり弊社プログラムをそのまま当てはめるだけでなく…

・継続できるボリュームであること
・精神的にもストレスを感じない運動回数であること
・複数年かけて目標達成すること
・過激なメニューでないこと
・「お米は食べたい」Aさんの気持ちを無視しないメニューであること

を担当吉屋を中心に医療チームでメニュー最終決定を行いました。
まだまだ目標には至りませんが、結果につながることが、継続を高めます。
近いうちに経過報告をできるようにA子さんサポートしていきたいと思います。

備考:写真はA子さんの体組成測定装置InBody720による結果です。
減量の内訳は脂肪ー5.6kg・骨格筋-2.9kg  脂肪が減っているが骨格筋も
減っていると気がつかれた方もいらっしゃると思いますが、減量を行う場合
短期間で脂肪だけを落とすことは難しいと言えます。