”今日から学ぶ腸内環境” 腸活同好会vol.5.6 LIFEST®︎大學コラム │LIFESTスタッフコラム│トピックス│LIFEST│二子玉川のフィットネス・ゴルフトレーニングジム

”今日から学ぶ腸内環境” 腸活同好会vol.5.6 LIFEST®︎大學コラム 

腸内フローラ検査ができる時代に

腸内フローラ検査ができる時代に

人の腸内には1000種類以上、約100兆個もの細菌が住み着いており、体重のうち約2キロが腸内細菌の重さと考えられています。このように腸内に住み着くさまざまな腸内細菌をまとめて「腸内フローラ」と呼んでいます。腸内フローラのバランスは、年齢や食生活、ストレスの状態などの影響により変化すると言われており、ここについては前章でお伝えいたしました。

腸内環境と病の関係

実は近年、この腸内フローラが腹痛や下痢を引き起こすだけでなく、深刻な潰瘍性大腸炎、肥満、喘息、自閉症やうつなど精神的な症状にまで深く関わっていることが明らかになってきました。何年も症状が出ているにも関わらず、どうにか仕事も生活も維持できていたり、病院でレントゲンや血液検査をしても特に疑わしいものが出ず、整腸剤を服用するのみ。まぁ大したことないのだろうと思い込んで治療の機会を逃し、深刻な状態まで症状が進んでから慌ててしまうこともあるかもしれません。しかしどんな症状も、早期の予防対策・または治療がより効果的なのは当たり前です。

数年前まで数千万円の検査費用

数年前まで、腸内フローラの検査は数千万円以上もの莫大な費用がかかり、とても現場で使えるものではなかったそうです。しかし今はその検査が数万円でできるようになり、臨床の現場で使えるようになったことで、より多くの患者様のお悩みを解消することができるようになりました。

LIFESTの腸内フローラ検査では、あなたの腸内にどんな菌がどれくらいいるのか、それがあなたの体調、腸の症状にどんな影響を及ぼしているのかなど、詳細にわかります。1人ひとりにピンポイントなアドバイスを提案することができるのです。続く