LIFEST®︎大學コラム 腸活同好会vol.5.1 ”今日から学ぶ腸内環境”│LIFEST遺伝子検査推進部│トピックス│LIFEST│二子玉川のフィットネス・ゴルフトレーニングジム

LIFEST®︎大學コラム 腸活同好会vol.5.1 ”今日から学ぶ腸内環境”

腸内細菌は大きく分けて3つある

腸内細菌は大きく分けて3つある

今日から始めよう”腸内環境整える生活=”腸活”
そのためには、正しい知識も必要かと思いますので、改めて学んでいきたいと思います。
以前にも投稿したことがありますので以前の記事はこちらから

腸内細菌は、かなりざっくり言いますと善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分類されます。

善玉菌

善玉と聞いただけで体に良さそうですが、善玉菌はカラダにいいはたらきをしてくれるものです。主に乳酸菌やビフィズス菌などの種類があります。他にはフォーカリ・アッカーマンシア・フラジリス・エクオール産生菌などあります。

一番は免疫力を高めて感染症にかからないようにしたり、食べたものの消化吸収を助ける、ビタミンを合成する、腸管運動を促進するなどの作用があります。

善玉菌のなかでも、その数がもっとも多いのがビフィズス菌です。その数は、大便1gあたり100億個以上といわれていますが、ビフィズス菌は、便秘の改善や腸内で酢酸を作り出すことでバランス撹乱菌(悪玉菌)の増殖を抑える効果など様々な整腸作用を持つことが知られています。

特に日本人の腸内細菌叢にはビフィズス菌が豊富に存在していることが知られており、日本人の長寿社会への関連などが分かり始めています。

悪玉菌

その名の通り、カラダの中で有害な物質を作る菌です。大腸菌・ウェルシュ菌・黄色ブドウ球菌・セレウス・緑膿・サルモネラ・ニューモニエ・パラインフルエンザなどがあります。

これらの菌は、腸の中を悪玉菌が増殖しやすいようにアルカリ性に傾けていき、腸内を腐敗させたり、発がん物質や毒素といった有害な物質を作り出していきます。

日和見菌

私たちは、日和見菌という表現よりも、能力未知菌と読んでいます。
善玉>悪玉の環境であれば日和見菌が善玉傾向に変わると覚えるよりは、実際にどんな働きをするかわからないものが、たくさんあるとのことです。何れにしても善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢なほうに味方をする菌でありそうで、腸内が酸性に保たれていて善玉菌の味方をしているときは問題ありませんが、免疫力が下がったり、アルカリ性に傾きはじめると、悪玉菌と一緒になって腸内で悪いはたらきをすることがわかっています。

その数が全体の7割と言うのですから、まだまだこれから未知の部分が解明されていく段階だそうです。

写真は腸内フローラを表現したつもりでしたが、イソギンチャクです(笑)