LIFEST®︎大學コラム ゴルファーと健康 vol.1.8.4「ベスト体重を知ろう」│生涯ゴルフ推進部│トピックス│LIFEST│二子玉川のフィットネス・ゴルフトレーニングジム

LIFEST®︎大學コラム ゴルファーと健康 vol.1.8.4「ベスト体重を知ろう」

ベスト体重は日本人平均で考えない

ベスト体重は日本人平均で考えない

ベスト体重は、年齢や身長が同じ他人と比べない。
特にスポーツ選手であれば、競技によっても異なるでしょうし、単純に脂肪や筋肉の比率によっても体重は異なります。
日常生活でベストと感じていても、体を動かすとやや重たく感じることもあるでしょう。
ゴルフも全く同じで、仮に歩かなくていいのであれば、飛距離確保のためにやや重めの体重もありかと思いますが、ゴルフは1ラウンドで7㎞以上歩くスポーツでもあり、「歩き続けられる身体」でなければいけない点では、日常生活の延長と考えてもいいのかもしれません。

「オフトレーニングで肉体改造に着手、5kgの増量に成功!」
春になると冬場のゴルファーの活動が記事になりますが、これを見るために感じることがあります。

【5kgの内訳】
前回、同時期に脂肪だけを減らして筋肉量だけを増やすことは迷信だと書きました(長期的に見れば当然可能なこと)。ところが選手から、いろいろな相談を受ける中で、「脂肪だけを減らしたい」「筋肉だけを増やす方法あるか」という質問が一番多いと思います。

短期間で脂肪だけ、または筋肉だけ増減量できる研究結果を今のところ目にしたことがないので、これ以上は言えませんが、増量期は脂肪も筋肉も増えやすく、減量期は脂肪も筋肉も減りやすい(比率は違えど)が一般的ですと話します。

プロの始動は暮れから年明け前後にトレーニングを始める方が多いように思います。
そこから2月末までの2ヶ月間をトレーニング期間とした場合に、仮に5kgの増量が可能かどうかです。

答えを先に「可能」だと思います。

ところが、その内容が大事で….例えば2ヶ月という期間で、50kgの選手が、トレーニングを積んだとして、2ヶ月間で増やすことのできる筋量は頑張っても500グラムくらいではないかと言われています。となると2ヶ月で5キロ増量!は可能だが、その内訳は、4.5キロは脂肪ということになりますね。ほとんど「脂肪」だということです。実はそれを笑って「何がトレーニングだ脂肪・脂肪太りだよ」なんて言う方もおりますが、筋肉だけを短期間に増やしていくことは前述した通りなのです。

 

ベスト体重は日本人平均で考えない

実はこの話は単に「太った」と笑うような話ではなく、増減しやすい選手にとっては貴重な取り組みになっています。

毎週移動続きで、日本全国を回るプロゴルファーは、ほとんどが外食で食事を賄うことになります。一般の方ならすぐに肥満になってしまいますが、毎週4・5ラウンドすることにより、1年間で1200キロから1400キロは(札幌ー福岡間ほど)ゴルフだけで歩くことになり、また試合による精神的疲労と合わせて、平気で4・5㎏痩せてしまう選手も少なくありません。開幕時にベスト体重を持ってくることがベストではないことをツアーを戦うなかで見つけていきます。

あっという間にやせ細ってしまうこともあるので、それを見越して体重をコントロールしているということになります。
となりますと….以前書きましたように、そもそもベスト体重は何キロなのか?増減の前にコレを知る必要がありますね。