LIFEST®︎大學コラム 現代の栄養状況 vol.1│和合医療 食物栄養学│トピックス│LIFEST│二子玉川のフィットネス・ゴルフトレーニングジム

LIFEST®︎大學コラム 現代の栄養状況 vol.1

野菜の栄養価が下がっている!?

野菜の栄養価が下がっている!?

皆さんは、毎日きちんと食事を摂られていますか?
その食事で十分な栄養が摂れていると思われますか?
同じ食べ物を食べても昔と今では含まれる栄養素が減少してきているのをご存知でしょうか?
例えば、ほうれん草100gに含まれるビタミンCは、1950年には150mg含まれていたものが2010年には36gまで減少しています。なんと4分の1以下に減っているのです。鉄分にしても同様に1950年の13mgから2mgと、なんと5分の1以下になってしまっているのです。
日本での1日のビタミンCの必要摂取量は100mgですから、以前はほうれん草1束のおひたしでほぼ栄養が摂れていたわけです。
ところが、現代はどうでしょうか?36mgに減った上に、ビタミンCは水溶性ですから、茹でるとさらにビタミンCは減少して19mgまで減ってしまいます。
ということは、、、ほうれん草を5~6束食べる!?
そんなことができるわけないですよね。ポパイじゃないのですから(笑)
こんな現象はほうれん草に限ったことではないのです!!
次回はもう少し色々な食べ物で比べてみましょう。