LIFEST®︎大學コラム マシンラインナップ vol.1│LIFESTスタッフコラム│トピックス│LIFEST│二子玉川のフィットネス・ゴルフトレーニングジム

LIFEST®︎大學コラム マシンラインナップ vol.1

動的ストレッチマシン ホグレル


ストレッチについて皆様ご存知でしょうか?

ストレッチと聞くと、いわゆる体を曲げて筋肉を伸ばすイメージがあると思います。

それは確かに正しい事なのですが、
実は、ストレッチには「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」があるのです。

では、どんな時なにそれらを使い分けるのか?
まずはそこらへんの話をさせて頂きます。

静的ストレッチ
「反動を利用しない」
「筋肉を一方向に伸ばす。」
「筋肉を関節可動域の限界となる位置までゆっくりと引き伸ばす。」

一般的に、反動をつけないでゆっくりと行なうため安全であり,筋の緊張を低下させ,準備運動として最も適切な方法として推奨されています。

動的ストレッチ
腕や足をさまざまな方向に動かしたり、ねじったり、曲げ伸ばしたりして、関節をダイナミックに動かしながら筋肉を伸ばすのが特徴です。

一般的に、動的ストレッチは運動前のウォーミングアップとして活用されます。

上記のように、LIFESTアリーナで運動される方はまず動的ストレッチを取り入れると良いのですが、具体的にどのようにしていいかわからない方も多いのではないかと思います。

そこで、オススメするのが
「動的ストレッチマシン ホグレル」です。

ホグレルマシンでは下記の事項が期待されます。
1.可動域コントロール
2.ムーブメントコントロール
3.関節近位化を伴ったコアエクササイズ
(予備動作から近位化へ)
4.活動(運動)の意識化
5.伸張反射による筋収縮の活性化
6.相反抑制による筋活動抑制作用

これらを要約すると、
関節の動きが良くなる。
関節の動かせる範囲が広くなる。
体幹が鍛えられる。
体の使い方が上手くなる。
筋肉の動きが良くなる。

よって、トレーニングがしやすくなり、効果が上がるということが期待できます。

使い方がわからないという方は是非フタッフにいつでも聞いてください。
いつでもアドバイスさせて頂きます。